「網羅的な研究出力リストの効用」

若いうちから研究活動履歴としてのウェブサイトをつくり続けていれば,のちのち物忘れする年代になっても,漏れ落ちのない “ライフログ” として役に立ちます.論文リスト・学会発表リストを含めてすべて公開するように心がけると,結局は自分のためになると…

『じゃりン子チエ 20』

はるき悦巳 (2021年9月12日刊行,双葉社[双葉文庫・は-04-73],東京, 本体価格800円, 460 pp., ISBN:978-4-575-72819-4 → 版元ページ)

『読む・打つ・書く』書評拾い(22)

三中信宏 (2021年6月15日刊行,東京大学出版会[東京大学出版会創立70周年記念出版],東京,xiv+349 pp., 本体価格2,800円(税込価格3,080円), ISBN:978-4-13-063376-5 → コンパニオン・サイト|版元ページ) 読書メーター | takaoさんの感想・レビュー …

『ニルス・リューネ』読了

イェンス・ピータ・ヤコブセン[奥山裕介訳] (2021年6月8日刊行,幻戯書房[ルリユール叢書],東京, 353 pp., 本体価格3,600円, ISBN:978-4-86488-220-0 → 目次|版元ページ)三ヶ月がかりでやっと読了.翻訳文学とはもともと無縁だったせいか,この言葉…

『ヒトはなぜ「がん」になるのか:進化が生んだ怪物』

キャット・アーニー[矢野真千子訳] (2021年8月30日刊行,河出書房新社,東京, 325+31 pp., 本体価格2,250円, ISBN:978-4-309-29159-8 → 版元ページ)

『読む・打つ・書く』書評拾い(21)

三中信宏 (2021年6月15日刊行,東京大学出版会[東京大学出版会創立70周年記念出版],東京,xiv+349 pp., 本体価格2,800円(税込価格3,080円), ISBN:978-4-13-063376-5 → コンパニオン・サイト|版元ページ) 注文【ちゅうぶん】への注文【ちゅうもん】東…

『世界を変えた10人の女性科学者:彼女たちは何を考え,信じ,実行したか』

キャサリン・ホイットロック, ロードリ・エバンス[伊藤伸子訳|大隅典子解説] (2021年8月28日刊行,化学同人,京都,xviii+340 pp., 本体価格2,600円, ISBN:978-4-7598-2041-6 → 版元ページ)

『深夜食堂(第23巻)』

安倍夜郎 (2021年3月5日刊行, 小学館,東京, ISBN:978-4-09-860434-0 → 版元ページ|一覧リスト)

『読む・打つ・書く』書評拾い(20)

三中信宏 (2021年6月15日刊行,東京大学出版会[東京大学出版会創立70周年記念出版],東京,xiv+349 pp., 本体価格2,800円(税込価格3,080円), ISBN:978-4-13-063376-5 → コンパニオン・サイト|版元ページ) 雛形書庫「Morgenröte/『読む・打つ・書く』…

『夢を見るとき脳は:睡眠と夢の謎に迫る科学』

アントニオ・ザドラ,ロバート・スティックゴールド[藤井留美訳] (2021年9月10日刊行,紀伊國屋書店,東京, 333 pp., 本体価格2,200円, ISBN:978-4-314-01186-0 → 版元ドットコム)

『読む・打つ・書く』書評拾い(19)

三中信宏 (2021年6月15日刊行,東京大学出版会[東京大学出版会創立70周年記念出版],東京,xiv+349 pp., 本体価格2,800円(税込価格3,080円), ISBN:978-4-13-063376-5 → コンパニオン・サイト|版元ページ) HONZ | 鈴木洋仁「本は道楽。『読む・打つ・…

『読む・打つ・書く』書評拾い(18)

三中信宏 (2021年6月15日刊行,東京大学出版会[東京大学出版会創立70周年記念出版],東京,xiv+349 pp., 本体価格2,800円(税込価格3,080円), ISBN:978-4-13-063376-5 → コンパニオン・サイト|版元ページ) @hiro_eby ツイート(2021年9月2日) https:/…

『ジェンダーと脳:性別を超える脳の多様性』

ダフナ・ジョエル,ルバ・ヴィハンスキ[鍛原多惠子訳] (2021年9月10日刊行,紀伊國屋書店,東京, 203 pp., 本体価格1,800円, ISBN:978-4-314-01185-3 → 版元ドットコム)

『読む・打つ・書く』書評拾い(17)

三中信宏 (2021年6月15日刊行,東京大学出版会[東京大学出版会創立70周年記念出版],東京,xiv+349 pp., 本体価格2,800円(税込価格3,080円), ISBN:978-4-13-063376-5 → コンパニオン・サイト|版元ページ) @ITakagi2002 ツイート(2021年8月30日) htt…

『アーバン・ベア:となりのヒグマと向き合う』

佐藤喜和 (2021年7月15日刊行,東京大学出版会,東京, viii+251+13 pp., 本体価格4,000円, ISBN:978-4-13-063950-7 → 版元ページ)「大きな動物の本」が次々に出るこの頃.ヒグマ本をよく見かけるのはヒトに近寄ってきたからか.

『Visual Differential Geometry and Forms: A Mathematical Drama in Five Acts』

Tristan Needham (2021年6月刊行,Princeton University Press, Princeton, xxviii+501 pp., ISBN:978-0-691-20370-6 [pbk] → 版元ページ)ヴィジュアルな「微分幾何学」の本.可視化のパワーを満喫できそう.

『読む・打つ・書く』書評拾い(16:毎日新聞書評)

三中信宏 (2021年6月15日刊行,東京大学出版会[東京大学出版会創立70周年記念出版],東京,xiv+349 pp., 本体価格2,800円(税込価格3,080円), ISBN:978-4-13-063376-5 → コンパニオン・サイト|版元ページ)毎日新聞〈今週の本棚〉渡邊十絲子「『読む・…

『フィールドと文献からみる日琉諸語の系統と歴史』

林由華・衣畑智秀・木部暢子(編) (2021年9月28日刊行予定,開拓社,東京, 税込価格4,400円, ISBN:978-4-7589-2354-5 → 版元ページ)

『DIA-LOGOS: Ramon Llull's Method of Thought and Artistic Practice』

Amador Vega, Peter Weibel, and Siegfried Zielinski (eds.) (2018年刊行, The University of Minnesota Press, Minneapolis, 470 pp., ISBN:978-1-5179-0609-2 [pbk] → 版元ページ)タイムラインで書影をチラッと見かけて次の瞬間には発注を完了した.本…

『明朝体活字:その起源と形成』

小宮山博史 (2020年9月5日刊行,グラフィック社,東京, 440 pp., 本体価格4,200円, ISBN:978-4-7661-3425-4 → 版元ページ)リブロを徘徊していたら袖を引っ張られた.十年ほど前に出た:小宮山博史『日本語活字ものがたり:草創期の人と書体』(2009年1月23…

『読む・打つ・書く』書評拾い(15)

三中信宏 (2021年6月15日刊行,東京大学出版会[東京大学出版会創立70周年記念出版],東京,xiv+349 pp., 本体価格2,800円(税込価格3,080円), ISBN:978-4-13-063376-5 → コンパニオン・サイト|版元ページ) 仲俣暁生ツイート(2021年8月23日) https://…

『動物たちの家』

奥山淳志 (2021年8月2日刊行,みすず書房,東京, 316 pp., 本体価格2,800円, ISBN:978-4-622-09005-2 → 版元ページ)名著:奥山淳志『庭とエスキース』(2019年4月16日刊行,みすず書房,東京, 40 color plates + 286 pp., 本体価格3,200円, ISBN:978-4-622…

『読む・打つ・書く』書評拾い(14:読売新聞インタビュー記事)

三中信宏 (2021年6月15日刊行,東京大学出版会[東京大学出版会創立70周年記念出版],東京,xiv+349 pp., 本体価格2,800円(税込価格3,080円), ISBN:978-4-13-063376-5 → コンパニオン・サイト|版元ページ)読売新聞〈本よみうり堂〉——[著者来店]「『…

『読む・打つ・書く』日本の古本屋メルマガ記事

三中信宏 (2021年6月15日刊行,東京大学出版会[東京大学出版会創立70周年記念出版],東京,xiv+349 pp., 本体価格2,800円(税込価格3,080円), ISBN:978-4-13-063376-5 → コンパニオン・サイト|版元ページ)日本の古本屋メールマガジン第329号(2021年8…

『阿蘭陀通詞』

片桐一男 (2021年7月13日刊行,講談社[講談社学術文庫・2675],東京, 413 pp., 本体価格1,380円, ISBN:978-4-06-522681-0 → 版元ページ)「通詞」と「通事」はまったく別物であることを初めて知った.あとがきで著者は現代の日本ではオランダ語の地位が危…

『機械式時計大全』

山田五郎 (2021年8月10日刊行,講談社[講談社選書メチエ・750],東京, 397 pp., 本体価格2,600円, ISBN:978-4-06-523368-9 → 版元ページ)今月のメチエは攻めてくるぞ.デジタル時計に先立つ機械式時計を徹底的に調べ尽くした分厚い本.ワタクシは腕時計…

『鷹将軍と鶴の味噌汁:江戸の鳥の美食学』

菅豊 (2021年8月10日刊行,講談社[講談社選書メチエ・753],東京, 285 pp., 本体価格1,800円, ISBN:978-4-06-524587-3 → 版元ページ)江戸時代の野禽食文化をたどる新刊.日本各地に残る伝統的な野鳥料理が紹介されている.

『個性学入門:個性創発の科学』

保前文高 ・大隅典子(編) (2021年8月1日刊行,朝倉書店,東京, viii+232 pp., 本体価格4,000円, ISBN:978-4-254-10295-6 → 版元ページ)ご恵贈どうもありがとうございました.ここでいう「個性」は「個物性」ですね.

「文献・註・索引」の三点セット

Takuji Hashizume ツイート(2021年8月23日) https://twitter.com/leeswijzer/status/1429587403199586304 「文献・註・索引」の三点セットを本の本体ではなく,版元ウェブサイトで電子公開するという “裏ワザ” が広まっているようです.もしそれをするなら…

『読む・打つ・書く』書評拾い(13)

三中信宏 (2021年6月15日刊行,東京大学出版会[東京大学出版会創立70周年記念出版],東京,xiv+349 pp., 本体価格2,800円(税込価格3,080円), ISBN:978-4-13-063376-5 → コンパニオン・サイト|版元ページ) 読書メーター:trazomさんの感想・レビュー(…