『基礎から学ぶ統計学』目次

中原治 (2022年9月25日刊行,羊土社,東京, 334 pp., 本体価格3,200円, ISBN:978-4-7581-2121-7 → 版元ページ)【目次】 序 3 履修者の声 5 謝辞 7 本書の使い方 9 序章 はじめに 20第I部 統計的仮説検定の論理第1章 検定の論理(二項検定を教材として) 30…

『[カラー版] 昆虫学者、奇跡の図鑑を作る』目次

丸山宗利 (2022年9月30日刊行,幻冬舎[幻冬舎新書・668],東京, 226 pp., 本体価格1,200円, ISBN:978-4-344-98669-5 → 版元ページ)きっと胸アツになる図鑑メイキング本.ここはぜひタネ本である:丸山宗利(総監修)『〔学研の図鑑 LIVE〕昆虫 新版』(2…

『そば学大全:日本と世界のソバ食文化』目次

俣野敏子 (2022年8月9日刊行,講談社[講談社学術文庫・2731],東京, 204 pp., 本体価格880円, ISBN:978-4-06-529032-3 → 版元ページ)【目次】 序章 ソバとの出会い――私の研究歴 9 第一章 植物としてのソバ、作物としてのソバ 21 第二章 日本のソバとそば…

『英語教育論争史』目次

江利川春雄 (2022年9月8日刊行,講談社[講談社選書メチエ・771],東京, 293 pp., 本体価格1,850円, ISBN:978-4-06-529327-0→ 版元ページ)【目次】 はじめに―― 一〇〇年越しの「真剣勝負」 3 第一章 早ければ良いのか? 小学校英語教育論争 〔明治期〕 11…

『アトランティス=ムーの系譜学:〈失われた大陸〉が映す近代日本』目次

庄子大亮 (2022年9月8日刊行,講談社[講談社選書メチエ・770],東京, 366 pp., 本体価格2,150円, ISBN:978-4-06-529380-5→ 版元ページ)【目次】 はじめに 5 序章 「失われた大陸」について問う理由 15 第 I 章 アトランティスの由来と継承 29 第 II 章 …

『ガリレオの中指:科学的研究とポリティクスが衝突するとき』目次

アリス・ドレガー[鈴木光太郎訳] (2022年9月16日刊行,みすず書房,東京, iv+356+60 pp., 本体価格5,000円, ISBN: 978-4-622-09532-3 → 版元ページ)【目次】 はじめに 日本語版に寄せて i 序章 私のお守り 1 第一章 奇妙な見かけ 23 第二章 ウサギの穴に…

『「死んだふり」で生きのびる:生き物たちの奇妙な戦略』目次

宮竹貴久 (2022年9月13日刊行,岩波書店[岩波科学ライブラリー・314],東京, x+132 pp., 本体価格1,300円, ISBN: 978-4-00-029714-1 → 版元ページ)MYTKセンセの最新刊.カバージャケットの “死んだふり” イラスト群の訴求力とても高し.ヒトの “死んだふ…

『本の雑誌・2022年10月号』着便!

(2022年10月1日発行,本の雑誌社,東京,47巻10号, ISBN:978-4-86011-534-0 → 版元ページ)正座して読まないと! ワタクシのもちゃんと載ってるやん:三中信宏 2022. 索引のない本はただの紙束である! (pp. 12-15).マジか……(疑ってどーする).Cf: 本…

『木の十字架』

堀辰雄[山本善行監修] (2022年8月20日刊行,灯光舎[本のともしび・4],京都, 102 pp., 本体価格1,700円, ISBN:978-4-909992-53-6 → 版元ドットコム)堀辰雄は先だって熱海の〈龍宮閣〉で直筆を見た.堀辰雄といえば「結核(サナトリウム)文学」という…

『帰って来たどらン猫』

はるき悦巳 (2022年9月11日刊行,双葉社[双葉文庫・は-04-85],東京, 本体価格700円, 268 pp., ISBN:978-4-575-72831-6 → 版元ページ)

『早稲田古本劇場』

向井透史 (2022年9月5日刊行,本の雑誌社,東京, 377 pp., 本体価格2,000円, ISBN:978-4-86011-472-5 → 版元ページ)

『深夜食堂(第25巻)』

安倍夜郎 (2022年9月4日刊行, 小学館,東京, ISBN:978-4-09-861430-1 → 版元ページ|一覧リスト)

『超圧縮 地球生物全史』目次

ヘンリー・ジー[竹内薫訳] (2022年8月30日刊行,ダイヤモンド社,東京, 381+xix pp., 本体価格2,000円, ISBN:978-4-478-11427-8 → 版元ページ)【目次】 1章 炎と氷の歌 17 2章 生物、大集合 35 3章 背骨のはじまり 55 4章 渚に打ち上げられて 75 5…

『哲学の門前』目次

吉川浩満 (2022年9月5日刊行,紀伊國屋書店,東京, 269 pp., 本体価格1,800円, ISBN:978-4-314-01193-8 → 版元ページ)【目次】 はじめに 11 1 哲学 15 2 ディス/コミュニケーション 41 3 政治 73 4 性 95 《幕間》君と世界の戦いでは I/II/III 111 …

『形態データの系統解析(全2巻)』

Pablo A. Goloboff『From Observations to Optimal Phylogenetic Trees: Phylogenetic Analysis of Morphological Data, Volume 1』(2022年7月刊行,CRC Press[Series: Species and Systematics], Boca Raton, xx+277 pp., ISBN:978-1-0321-1485-9 [hbk] …

『哺乳類学』目次

小池伸介・佐藤淳・佐々木基樹・江成広斗 (2022年7月25日刊行, 東京大学出版会, 東京, iv+406 pp., 本体価格4,000円, ISBN:978-4-13-062231-8 → 版元ページ)400ページで4,000円とは東大出版会にしては安すぎるのでは.ご恵贈感謝.【目次】 序章 哺乳類学…

『Ancestors in Evolutionary Biology: Linear Thinking about Branching Trees』目次

Ronald A. Jenner (2022年8月刊行, Cambridge University Press[Systematics Association Special Volume: 91], Cambridge, x+385 pp., ISBN:978-1-107-10593-5 [hbk] → 版元ページ)【目次】 Acknowledgments x1 A History of Narrative Phylogenetics 1…

『Refining Phylogenetic Analyses: Phylogenetic Analysis of Morphological Data, Volume 2』目次

Pablo A. Goloboff (2022年7月刊行,CRC Press[Series: Species and Systematics], Boca Raton, xx+291 pp., ISBN:978-0-3674-2027-7 [hbk] → 版元ページ)【目次】 Preface xiii Author Biography xvii Abbreviations xix6. Summarizing and Comparing P…

『From Observations to Optimal Phylogenetic Trees: Phylogenetic Analysis of Morphological Data, Volume 1』目次

Pablo A. Goloboff (2022年7月刊行,CRC Press[Series: Species and Systematics], Boca Raton, xx+277 pp., ISBN:978-1-0321-1485-9 [hbk] → 版元ページ)【目次】 Preface xiii Author Biography xvii Abbreviations xix1. Introduction to Phylogeneti…

『紋章学入門』目次

森護 (2022年8月10日刊行, 筑摩書房[ちくま学芸文庫・モ-20-1],東京, 32 color plates + 383 + xxvii pp., 本体価格1,500円, ISBN:978-4-480-51136-2 → 版元ページ)【目次】 カラー口絵(32 pp.) はじめに 11 第1章 紋章とは 19 第2章 紋章の起原 29 …

『文と本と旅と:上林曉精選随筆集』目次

上林曉[山本善行編] (2022年7月25日刊行,中央公論新社[中公文庫・か-95-1],東京, 356 pp., 本体価格1,000円, ISBN:978-4-12-207228-2 → 版元ページ)【目次】文 9文学の二十年 10 私の小説勉強 25 嘉村礒多の葉書 37 僕の文学開眼 39 武蔵野文章 43 …

『生物を分けると世界が分かる:分類すると見えてくる、生物進化と地球の変遷』目次

岡西政典 (2022年7月20日刊行,講談社[ブルーバックス・B-2208],東京, 254 pp., 本体価格1,000円, ISBN:978-4-06-528818-4 → 版元ページ)【目次】 はじめに 3 プロローグ 分類学者の日常 19 第1章 「分ける」とはどういうことか——分類学、はじめの一歩 …

『現代メディア哲学:複製技術論からヴァーチャルリアリティへ』目次

山口裕之 (2022年8月9日刊行,講談社[講談社選書メチエ・769],東京, 349 pp., 本体価格2,000円, ISBN:978-4-06-529158-0 → 版元ページ)【目次】 プロローグ 3 序章 現代のメディア世界と複製技術論 13 第I章 メディアの哲学のために 23 第II章 技術性と…

『キリンの首』目次

ユーディット・シャランスキー[細井直子訳] (2022年7月30日刊行,河出書房新社,東京, 239 pp., 本体価格2,700円, ISBN:978-4-309-20859-6 → 版元ページ)【目次】 生態系 5 遺伝のしくみ 83 進化論 177 外国語版のためのあとがき 227 訳者あとがき 231

『The Correspondence of Charles Darwin, Volume 29: 1881』刊行

Frederick Burkhardt et al. (eds.) (2022年7月刊行,Cambridge University Press[Series: The Correspondence of Charles Darwin], Cambridge, xlviii+975 pp., ISBN:978-1-009-23356-9 [hbk] → 版元ページ|Darwin Correspondence Project)千ページ超…

『人文学のためのテキストデータ構築入門:TEIガイドラインに準拠した取り組みにむけて』

一般財団法人人文情報学研究所(監修)/石田友梨・大向一輝・小風綾乃・永崎研宣・宮川創・渡邉要一郞(編) (2022年7月25日刊行,文学通信,東京, 422 pp., 本体価格3,000円, ISBN:978-4-909658-84-5 → 版元ページ)「TEI=Text Encoding Initiative」の…

『ヒトデとクモヒトデ:謎の☆形動物』目次

藤田敏彦 (2022年8月4日刊行,岩波書店[岩波科学ライブラリー・313],東京, viii+118 pp., 本体価格1,600円, ISBN:978-4-00-029713-4 → 版元ページ)昨日(2022年8月7日)のNHK〈ダーウィンが来た!〉の「カラフルでミラクル★海の大スター!ヒトデ」で放映…

『じゃりン子チエ 31』

はるき悦巳 (2022年8月7日刊行,双葉社[双葉文庫・は-04-84],東京, 本体価格800円, 404 pp., ISBN:978-4-575-72830-9 → 版元ページ)

『ロック・ファミリー・ツリー』刊行

ピート・フレイム[新井崇嗣・瀬川憲一訳] (2022年8月1日刊行,みすず書房,東京, 385 pp., 本体価格15,000円, ISBN:978-4-622-07802-9 → 版元ページ)ブツが届きました! ご恵贈まことにまことにありがとうございます.400ページ弱に活字が詰め込まれる.…

『進化論の進化史:アリストテレスからDNAまで』目次

ジョン・グリビン,メアリー・グリビン[水谷淳訳] (2022年6月15日刊行,早川書房,東京, 312 pp., 本体価格2,800円, ISBN:978-4-15-210141-9 → 版元ページ)【目次】 進化とは 3 はじめに——ダーウィン神話を打ち崩す 11 序章 15第1部 ダーウィン以前 19第…