『人体,なんでそうなった? 余分な骨,使えない遺伝子,あえて危険を冒す脳』目次

ネイサン・レンツ[久保美代子訳] (2019年8月16日刊行,化学同人,京都, xii+286 pp., 本体価格2,400円, ISBN:9784759820102 → 版元ページ)生物体は進化的に “大域最適化” されているわけじゃないもんねえ.【目次】 はじめに:みよ,母なる自然の大失態…

『大英自然史博物館 珍鳥標本盗難事件:なぜ美しい羽は狙われたのか』目次

カーク・ウォレス・ジョンソン[矢野真千子訳] (2019年8月10日刊行,化学同人,京都, 381 pp., 本体価格2,800円, ISBN:9784759820133 → 版元ページ)19世紀イングランドでは美麗な鳥の羽毛をあしらった帽子が大流行したが,フライフィッシングもそうだった…

『昭和・平成精神史:「終わらない戦後」と「幸せな日本人」』目次

磯前順一 (2019年8月8日刊行,講談社[講談社選書メチエ・708],東京, 275 pp., 本体価格1,800円, ISBN:9784065169483 → 版元ページ)【目次】 はじめに —— 人生は泳ぐのに、安全でも適切でもありません 7 第1章 「戦後」というパンドラの匣 —— 太宰治から…

『後藤新平と五人の実業家:渋沢栄一・益田孝・安田善次郎・大倉喜八郎・浅野総一郎』

後藤新平研究会(編著) (2019年7月31日刊行,藤原書店,東京, 236 pp., 本体価格2,500円, ISBN:9784865782363 → 版元ページ)

『恐竜の世界史:負け犬が覇者となり、絶滅するまで』目次

スティーブ・ブルサッテ[黒川耕大訳/土屋健日本語版監修] (2019年8月8日刊行,みすず書房,東京, VIII+323+xxxi pp., 本体価格3,500円, ISBN:9784622088240 → 版元ページ)【目次】 口絵 III-V プロローグ 恐竜化石の大発見時代 1 1 恐竜、興る 9 2 恐竜…

『慕倣 みっしりずしり:長塚節と藤沢周平』目次

山形洋一 (2019年7月31日刊行,未知谷,東京, 253 pp., 本体価格2,800円, ISBN:9784896425826)長塚節と藤沢周平の作品の類似ぶりを調べ上げた新刊.長塚節は茨城県出身ということもあり何の気なく手にした(カバージャケットに誘引されたのかも).藤沢周…

『ヴィクトリアン・レディーのための秘密のガイド』目次

テレサ・オニール[松尾恭子訳] (2019年7月31日刊行,東京創元社,東京, 322 pp., 本体価格3,800円, ISBN:9784488003920 → 版元ページ)こっそり読みましょうね.【目次】 こんにちは、自堕落さん 9 第1章 服を着る:恥ずかしい部分を上手に隠す方法 13 第…

『日本捕鯨史【概説】』目次

中園成生 (2019年7月30日刊行,古小烏舎,福岡, 222 pp., 本体価格1,900円, ISBN:9784910036007 → 版元ドットコム)【目次】 はじめに 9 第1章 日本捕鯨の概観 11 第2章 初期捕鯨時代 31 第3章 古式捕鯨業時代前期 43 第4章 古式捕鯨業時代中期 59 第5章 古…

『ポリネシア海道記:不思議をめぐる人類学の旅』目次

片山一道 (2019年7月31日刊行,臨川書店,京都, 278 pp., 本体価格3,200円, ISBN:9784653043867 → 版元ページ)【目次】 第1章 南太平洋の島嶼世界をゆく――ポリネシアの不思議な島々と人々―― 5 第2章 世界のヘソか、あるいは海のコブか――イースター島(ラパ…

『ルネサンス庭園の精神史:権力と知と美のメディア空間』目次

桑木野幸司 (2019年8月15日刊行,白水社,東京, 6 color plates + 352+35 pp., 本体価格4,800円, ISBN:9784560097113 → 版元ページ)【目次】 カラー口絵(6 pp.) 序 イタリア・ルネサンス庭園史の射程 7 第1章 古代・中世の庭園文化 23 第2章 ルネサンス…

『生きもの民俗誌』目次

野本寛一 (2019年7月30日刊行,昭和堂,京都, xviii+666+xxiii pp., 本体価格6,500円, ISBN:9784812218235 → 版元ページ)日本の民俗動物学の大著.総頁数700ページ,鹿・熊・猪だけで300ページもある.こういう本はまちがいなくワタクシのところに漂着する…

『上級国民/下級国民』

橘玲 (2019年8月6日刊行,小学館[小学館新書・354],東京, 238 pp., 本体価格820円, ISBN:9784098253548 → 版元ページ)

『宇宙はなぜ哲学の問題になるのか』

伊藤邦武 (2019年8月10日刊行,筑摩書房[ちくまプリマー新書・332],東京, 237 pp., 本体価格860円, ISBN:9784480683564 → 版元ページ)

『オリーブの贈り物:岡井路子10+1人と語る』

岡井路子 (2019年8月12日刊行,A&F Corporation[A&F Books],東京, 223 pp., 本体価格2,200円, ISBN:9784909355119 → 版元ページ)

『からっぽがいい ネパールの山奥を歩き続けたリュック一つのNGO、OKバジ』

垣見一雅 (2019年7月15日刊行,サンパティック・カフェ,所沢, 95 pp., 本体価格1,800円, ISBN:9784434263088 → 版元ページ)

『Statistical Inference in the 21st Century: A World Beyond p < 0.05』

The American Statistician, 73 (Supplement 1): 1-401, March 2019. https://www.tandfonline.com/toc/utas20/73/sup1 計401ページが丸ごとオープンアクセスね.たわわに実った“桃” が収穫真っ盛り.

『日本ネシア論』

長嶋俊介(編) (2019年6月10日刊行,藤原書店[別冊『環』25号],東京, 479 pp., 本体価格4,200円, ISBN:9784865782233 → 版元ページ)

『恐竜まみれ:発掘現場は今日も命がけ』目次

小林快次 (2019年6月25日刊行,新潮社,東京, 4 color plates + 238 pp., 本体価格1,450円, ISBN:9784103525912 → 版元ページ)【目次】 カラー口絵(4 pp.) はじめに 1 第1章 恐竜学者と「化石コレクター」のはざまで 15 第2章 あれほど欲しかった化石が…

『アルコールと酔っぱらいの地理学:秩序ある/なき空間を読み解く』目次

マーク・ジェイン,ジル・バレンタイン,サラ・L・ホロウェイ[杉山和明・二村太郎・荒又美陽・成瀬厚訳] (2019年7月30日刊行,明石書店,東京, xvi+284 pp., 本体価格2,700円, ISBN:9784750348667 → 版元ページ)グッドタイミングで着便.夏本番になり,…

『結局、ウナギは食べていいのか問題』目次

海部健三 (2019年7月18日刊行,岩波書店[岩波科学ライブラリー・286],東京, x+119+5 pp., 本体価格1,200円, ISBN:9784000296861 → 版元ページ)ご恵贈感謝.時節柄とてもキャッチーなタイトル.【目次】 はじめに iii 1 ウナギは絶滅するのか 1 2 土用の…

『ひらく:生命科学から生命誌へ』

中村桂子 (2019年7月10日刊行,藤原書店[中村桂子コレクション・いのち愛づる生命誌(全8巻)・第1巻],東京, 2 plates + 283 pp., 本体価格2,600円, ISBN:9784865782264 → 版元ページ)前著:中村桂子『あそぶ:12歳の生命誌』(2019年2月10日刊行,藤原…

『ウマの動物学〔第2版〕』

近藤誠司 (2019年7月10日刊行,東京大学出版会[アニマルサイエンス・1], iv+205 pp., 本体価格3,800円, ISBN:9784130740210 → 版元ページ)お送りいただき感謝です.初版は2001年.

『文化がヒトを進化させた:人類の繁栄と〈文化-遺伝子革命〉』目次

ジョセフ・ヘンリック[今西康子訳] (2019年7月26日刊行,白楊社,東京, 605 pp., 本体価格3,600円, ISBN:9784826902113 → 版元ページ) 600ページ超.文化進化の新しい仮説を提唱しているという.【目次】 はじめに 9 第1章 不可解な霊長類 19 第2章 それ…

『視覚文化とデザイン:メディア、リソース、アーカイヴズ』目次

井口壽乃(編) (2019年4月25日刊行,水声社,東京, 325 pp., 本体価格3,500円, ISBN:9784801004238 → 版元ページ)アイソグラム,ピクトグラム,タイポグラフィーなどなどがワタクシのアンテナに引っかかってきた.【目次】 はじめに 5I グラフィック理論…

『できる研究者の科研費・学振申請書:採択される技術とコツ』目次

科研費.com (2019年7月8日刊行,講談社,東京, iv+136 pp., 本体価格2,400円, ISBN:9784065165980 → 版元ページ|〈科研費.com〉)同名のウェブサイトの書籍化とのこと.【目次】第1章 はじめに 1第2章 書く前に 3 2.1 なぜ書くのか 4 2.2 書く際の心得 6 2…

『ナチ 本の略奪』目次

アンデシュ・リデル[北條文緒・小林祐子訳] (2019年7月16日刊行,国書刊行会,東京, 431 pp., 本体価格3,200円, ISBN:9784336063212 → 版元ページ)【目次】 序章 7 第1章 世界を焼き尽くす炎 —— ベルリン 12 第2章 ベルリン市立図書館の亡霊たち —— ベル…

『日本現代怪異事典 副読本 』

朝里樹 (2019年6月28日刊行,笠間書院,東京, 315 pp., 本体価格1,800円, ISBN:9784305708786 → 版元ページ)昨年出た:朝里樹(編)『日本現代怪異事典』(2018年1月17日刊行,笠間書院,東京, 500ページ, 本体価格2,200円, ISBN:9784305708595 → 版元ペー…

『自然誌の窓から』目次

沼田眞著作集編纂委員会・中村俊彦(編) (2019年4月21日刊行,学報社[沼田眞著作集・第1巻],東京, 1 plate + xii + 489 pp., 本体価格4,200円, ISBN:9784904079140)【目次】 口絵 「沼田眞著作集」編纂の序[大澤雅彦・中村俊彦] i 「自然誌の窓から…

『図説 ヴィクトリア朝の女性と暮らし:ワーキング・クラスの人びと』

川端有子 (2019年5月30日刊行,河出書房新社[ふくろうの本/世界の文化],東京, 127 pp., 本体価格1,800円, ISBN:9784309762821 → 版元ページ)19世紀イングランドの庶民生活写真集.

『日本人にとって自然とはなにか 』

宇根豊 (2019年7月10日刊行,筑摩書房[ちくまプリマー新書・330],東京, 223 pp., 本体価格860円, ISBN:9784480683571 → 版元ページ)