『花だより(みをつくし料理帖・特別巻)』

高田郁 (2018年9月8日刊行,角川春樹事務所[時代小説文庫・た 19-20],東京, 本体価格600円, ISBN:9784758441971 → 版元ページ)全巻セット:高田郁『みをつくし料理帖(全11巻[完結記念ケース入りセット])』(2014年8月9日刊行,角川春樹事務所,東京…

『日本の食肉類:生態系の頂点に立つ哺乳類』

増田隆一(編) (2018年8月15日刊行,東京大学出版会,東京, vi+304 pp., 本体価格4,900円, ISBN978-4-13-060237-2 → 版元ページ)ご恵贈ありがとうございます.

『絶やすな!絶品町グルメ 高崎絶メシリスト』

一般社団法人高崎観光協会(2018年7月刊行,一般社団法人高崎観光協会,高崎, 201 pp., 本体価格1,389円, ISBN:9784938526542 → 版元ページ) 高崎から本日着便.かの〈高崎絶メシリスト〉の書籍化.真正グンマー必携の一冊.高崎ど真ん中の〈一二三食堂〉も…

『蒐める人:情熱と執着のゆくえ』

南陀楼綾繁(2018年8月20日刊行,皓星社,東京, 261 pp., 本体価格1,600円, ISBN:9784774406589 → 版元ページ)

『投壜通信』

山本貴光 (2018年9月7日刊行,本の雑誌社,東京, 446 pp., 本体価格2,300円, ISBN:9784860114183 → 版元ページ) 【目次】 はじめに 1 第一章 本で世界をマッピング〈テーマ別ブックガイド〉 7 第二章 日々の泡 117 第三章 読むことは書くこと 175 おわりに…

『文系と理系はなぜ分かれたのか』

隠岐さや香 (2018年8月24日刊行,星海社[星海社新書・137],東京, 253 pp., 本体価格980円, ISBN:9784065123843 → 版元ページ)参考:Togetter -「文系と理系はなぜ分かれたのか」. 【目次】はじめに 3第1章 文系と理系はいつどのように分かれたか?—— …

『文藝春秋作家原稿流出始末記』

青木正美 (2018年8月25日刊行,本の雑誌社,東京, 220 pp., 本体価格1,500円, ISBN:9784860114176 → 版元ページ)

『現代思想2018年9月号』

(2018年9月1日刊行,青土社,東京, 本体価格1,400円, ISBN:9784791713691 → 版元ページ) 【特集〈考古学の思想〉目次】討議 I考古学と哲学(溝口孝司+國分功一郎+佐藤啓介) 8-33エッセイ模倣するサピエンス(港千尋) 34-40討議 II生きられた世界を復元…

『意識の川をゆく:脳神経科医が探る「心」の起源』

オリヴァー・サックス[大田直子訳] (2018年8月15日刊行,早川書房,東京, 238 pp., 本体価格2,100円, ISBN:9784152097842 → 版元ページ)オリヴァー・サックスと言えば「脳」や「心」をテーマにした本や作品が連想されるが,ワタクシ的にはもっとマニアッ…

『事故物件怪談 恐い間取り』

松原タニシ (2018年6月26日刊行,二見書房,東京, 255 pp., 本体価格1,400円, ISBN:9784576180977 → 版元ページ)夜のベッドサイド本に最適.本書はやはり著者の(ちょっとマネしたくない)好奇心の賜物だろうか.人間の心こそ “真怪” なり(井上圓了).

『日本祖語の再建』

服部四郎[上野善道補注] (2018年5月刊行,岩波書店,東京, 本体価格13,000円, ISBN:9784000612685 → 版元ページ)

『写真に残された絶滅動物たち最後の記録』

エロル・フラー[鴨志田恵訳] (2018年8月刊行,エクスナレッジムック,東京, 本体価格2,800円, ISBN:9784767824383)

『時のかたち:事物の歴史について』

ジョージ・クブラー[中谷礼仁・田中伸幸訳|加藤哲弘翻訳協力] (2018年8月20日刊行,鹿島出版会[SD選書・270],東京, 251+xi pp., 本体価格2,400円, ISBN:9784306052703 → 版元トップページ)

『歴史と統計学:人・時代・思想』

竹内啓 (2018年7月27日刊行,日本経済新聞社,東京, 本体価格4,800円, ISBN:9784532134822 → 版元ページ)600頁もあるとは,こりゃまた大冊.

『鳥瞰図!』

本渡章 (2018年7月18日刊行,140B,大阪, 191 pp., 本体価格1,600円, ISBN:9784903993355 → 版元ページ)鳥瞰図とかパノラマとなればワタクシの仕事柄これはもう読むしかないっしょ.

『オランウータン:森の哲人は子育ての達人』

久世濃子 (2018年7月25日刊行,東京大学出版会,東京, xviii+177+17 pp., 本体価格3,000円, ISBN:9784130633499 → 版元ページ)

『プリニウス・VII』

ヤマザキマリ,とり・みき (2018年7月15日刊行,新潮社[バンチコミックス45プレミアム],東京,ISBN:9784107721006 → 版元ページ|特設サイト)

『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』

吉川浩満 (2018年7月30日刊行,河出書房新社,東京, 355 pp., 本体価格2,200円, ISBN:吉川 浩満 著 → 版元ページ)

『ニッポン 終着駅の旅』

谷川一巳 (2018年6月15日刊行,平凡社[平凡社新書・881],東京, 255 pp., ISBN:9784582858815 → 版元ページ)

『交雑する人類:古代DNAが解き明かす新サピエンス史』

デイヴィッド・ライク[日向やよい訳/更科功協力] (2018年7月15日刊行,NHK出版,東京, 461 pp., 本体価格2,500円, ISBN:9784140817513)

『胃袋の近代:食と人びとの日常史』

湯澤規子 (2018年7月刊行,名古屋大学出版会,名古屋, 本体価格3,600円, ISBN:9784815809164 → 版元ページ)とりあえず「買い物かご」に入れて,と.

『これから学会発表する若者のために:ポスターと口頭のプレゼン技術[第2版]』

酒井聡樹 (2018年7月15日刊行,共立出版,東京, xvi+188 pp., 本体価格2,700円, ISBN:9784320006102 → 版元ページ)

『RユーザのためのRStudio[実践]入門:tidyverseによるモダンな分析フローの世界』

松村優哉・湯谷啓明・紀ノ定保礼・前田和寛 (2018年7月13日刊行,技術評論社,東京, xx+215 pp., 本体価格2,780円, ISBN:9784774198538 → 版元ページ) 【目次】 はじめに iii tidyverseとは viii第1章 RStudioの基礎 11-1 RStudioのダウンロードとインスト…

『心の進化を解明する:バクテリアからバッハへ』

ダニエル・C・デネット[木島泰三訳] (2018年7月18日刊行,青土社,東京, 2 color plates + 712 + 34 pp., 本体価格4,200円, ISBN:9784791770755 → 版元ページ) 【目次】 カラー口絵(2 pp.) はじめに 11 第I部 —— 私たちの世界をさかさまにする第1章 序…

『ニホンヤマネ:野生動物の保全と環境教育』

湊秋作 (2018年6月25日刊行,東京大学出版会[Natural History Series],東京, x+268 pp., 本体価格4,600円, ISBN:9784130602556 → 版元ページ) 【目次】 はじめに i 第1章 日本の天然記念物――ヤマネの生物学概論 1 第2章 フィールド――ヤマネ調査紀行 69 …

『草津温泉の社会史』

関戸明子 (2018年5月25日刊行,青弓社,東京, 219 pp., 本体価格2,400円, ISBN:9784787220752 → 版元ページ) 【目次】 凡例 7 序章 本書のねらいと構成 9 第1章 草津温泉をめぐる自然と歴史叙述 14 第2章 温泉の利用形態と管理方法 33 第3章 温泉を基盤と…

『鳥の卵:小さなカプセルに秘められた大きな謎』

ティム・バークヘッド[黒沢令子訳] (2018年7月20日刊行,白楊社,東京, 8 color plates + 326 pp., 本体価格2,700円, ISBN:9784826902038 → 版元ページ) 【目次】 カラー口絵(8 pp.) はじめに 7 第1章 卵採りとコレクター 17 第2章 卵殻ができる仕組み…

『多様な花が生まれる瞬間』

奥山雄大 (2018年6月25日刊行,慶應義塾大学出版会[叢書〈遺伝子から探る生物進化〉・6],東京, 4 color plates + xvi +178 pp., 本体価格2,400円, ISBN:9784766423006 → 版元ページ) 【目次】 カラー口絵(4 pp.) シリーズ序文 iii はじめに —— 動物と…

『温泉の日本史:記紀の古湯、武将の隠し湯、温泉番付』

石川理夫 (2018年6月25日刊行,中央公論新社[中公新書・2494],東京, xvi+248 pp., ISBN:9784121024947 → 版元ページ) 【目次】 はじめに i 第1章 《日本三古湯》の登場 —— 飛鳥・奈良時代まで 3 第2章 王朝と温泉の縁 —— 平安時代 37 第3章 箱根・熱海…

『水族館の文化史:ひと・動物・モノがおりなす魔術的世界』

溝井裕一 (2018年6月15日刊行,勉誠出版,東京, viii+359 pp., 本体価格2,800円, ISBN:9784585222101 → 版元ページ)世界各地の水族館のカラー・モノクロ写真がたくさん載っていてとてもおもしろそうな本.同著者の『動物園の文化史:ひとと動物の5000年』…