『オッカムのかみそり:最節約性と統計学の哲学』日経サイエンス書評

エリオット・ソーバー[森元良太訳]
(2021年5月20日刊行,勁草書房,東京, viii+352 pp., 本体価格4,500円, ISBN:978-4-326-10294-5目次版元ページ

ワタクシの書評記事「科学における「節約」は美徳か?—— “妖刀” の新しい取扱説明書」は今月末に出る日経サイエンス2021年9月号に掲載されました(p. 112).

『読む・打つ・書く』書評拾い(8)

三中信宏
(2021年6月15日刊行,東京大学出版会東京大学出版会創立70周年記念出版],東京,xiv+349 pp., 本体価格2,800円(税込価格3,080円), ISBN:978-4-13-063376-5コンパニオン・サイト版元ページ

『抽象数学の手ざわり:ピタゴラスの定理から圏論まで』

斎藤毅
(2021年7月16日刊行,岩波書店[岩波科学ライブラリー・305],東京, viii+133 pp., 本体価格1,300円, ISBN:978-4-00-029705-9版元ページ[音声データ]

圏論の入門書.「射」とか「関手」の話題が出てくる.

『読む・打つ・書く』書評拾い(7)

三中信宏
(2021年6月15日刊行,東京大学出版会東京大学出版会創立70周年記念出版],東京,xiv+349 pp., 本体価格2,800円(税込価格3,080円), ISBN:978-4-13-063376-5コンパニオン・サイト版元ページ

『鳥類のデザイン:骨格・筋肉が語る生態と進化』

カトリーナ・ファン・グラウ[川上和人監訳/鍛原多惠子訳]
(2021年7月16日刊行,みすず書房,東京, viii+368 pp., 本体価格6,300円, ISBN:978-4-622-08989-6版元ページ

全編にわたって鳥の解剖イラストが満載.ホネになっても飛ぶは泳ぐはさえずるは.さすがは恐竜の子孫である.ご恵贈ありがとうございました.鳥類の骨格と筋肉を “腑分け” したマックス・フュルブリンガーのモノグラフを思い出させる図版の数々.フュルブリンガー本は以前ワタクシの部屋に来られたバード川上センセイにお見せしたことがある.ひと目で「これは〜骨,あれは〜骨」とその場で同定されたのはさすがの眼力だった.

『読む・打つ・書く』書評拾い(6)

三中信宏
(2021年6月15日刊行,東京大学出版会東京大学出版会創立70周年記念出版],東京,xiv+349 pp., 本体価格2,800円(税込価格3,080円), ISBN:978-4-13-063376-5コンパニオン・サイト版元ページ