『別府』感想

芹沢高志
(2020年11月20日刊行,ABI+P3,東京, 190 pp., 本体価格1,600円, ISBN:978-4-904965-13-9版元ページ

読了.別府の北浜を中心に鉄輪・浜脇を含むエリアをめぐるエッセイ集.類書である:山出淳也『BEPPU PROJECT 2005 – 2018』(2018年10月13日刊行,NPO法人BEPPU PROJECT,別府, 345 pp., 本体価格1,500円, ISBN:978-4-9909005-0-2読売新聞書評版元ページ)と松田法子著|古城俊秀監修『絵はがきの別府:古城俊秀コレクションより』(2012年5月30日刊行,左右社,東京,本体価格3,500円,314 pp., ISBN:978-4-903500-75-1目次版元ページ)">目次|版元ページ)を再読しようか.今年の師走にはまた別府滞在の予定だ.

『『月刊みすず』「読書アンケート」用セレクション5冊+次点5冊(2021年)』

毎年恒例の『月刊みすず』の「読書アンケート」.今年は下記の5冊を選んだ.次点5冊と合わせてリストアップする.

今年の5冊

【書名】『「色のふしぎ」と不思議な社会:2020年代の「色覚」原論
【著者】川端裕人
【刊行】2020年10月25日
【出版】筑摩書房,東京
【ISBN】978-4-480-86091-0

 

【書名】『統計学を哲学する
【著者】大塚淳
【刊行】2020年10月30日
【出版】名古屋大学出版会,名古屋
【ISBN】978-4-8158-1003-0
【書評】https://leeswijzer.hatenadiary.com/entry/2020/12/22/062021

 

【書名】『採集民俗論
【著者】野本寛一
【刊行】2020年11月20日
【出版】昭和堂,京都
【ISBN】978-4-8122-1823-5
【目次】https://leeswijzer.hatenadiary.com/entry/2020/12/20/070928

 

【書名】『幻のアフリカ納豆を追え!:そして現れた〈サピエンス納豆〉
【著者】高野秀行
【刊行】2020年8月25日
【出版】新潮社,東京
【ISBN】978-4-10-340072-1

 

【書名】『ジビエレシピ:プロのためのジビエ料理と狩猟鳥獣
【著者】ブルーノ・ドゥーセ[小宮輝之・山口杉朗監修|柴田里芽訳]
【刊行】2020年9月25日
【出版】グラフィック社,東京
【ISBN】978-4-7661-3351-6

 



次点の5冊

【書名】『種を語ること、定義すること:種問題の科学哲学
【著者】網谷祐一
【刊行】2020年12月20日
【出版】勁草書房,東京
【ISBN】978-4-326-10288-4

 

【書名】『サードプレイス:コミュニティの核になる「とびきり居心地よい場所」
【著者】レイ・オルデンバーグ[忠平美幸訳]
【刊行】2013年10月25日
【出版】みすず書房,東京
【ISBN】978-4-622-07780-0
【目次】https://leeswijzer.hatenadiary.com/entry/2020/07/10/050456

 

【書名】『京大的文化事典:自由とカオスの生態系
【著者】杉本恭子
【刊行】2020年6月25日
【出版】フィルムアート,東京
【ISBN】978-4-8459-1823-2
【目次】https://leeswijzer.hatenadiary.com/entry/2020/07/25/070929

 

【書名】『マルジナリアでつかまえて:書かずば読めぬの巻
【著者】山本貴光
【刊行】2020年7月31日
【出版】本の雑誌社,東京
【ISBN】978-4-86011-445-9

 

【書名】『我々みんなが科学の専門家なのか?
【著者】ハリー・コリンズ[鈴木俊洋訳]
【刊行】2017年4月27日
【出版】法政大学出版局[叢書・ウニベルシタス 1055],東京
【目次】https://leeswijzer.hatenadiary.com/entry/2020/08/02/051912

『別府』

芹沢高志
(2020年11月20日刊行,ABI+P3,東京, 190 pp., 本体価格1,600円, ISBN:978-4-904965-13-9版元ページ

2012年に別府で開催された別府現代芸術フェスティバル〈混浴温泉世界〉にあわせて刊行された本の新装版.ワタクシはそのとき別府に潜伏していたのでこのイベントのことはよく知っている.

『「三代目」スタディーズ:世代と系図から読む近代日本』

鈴木洋仁
(2021年2月20日刊行,青土社,東京, 261+ix pp., 本体価格1,800円, ISBN:978-4-7917-7355-8版元ページ

ご恵贈まことにありがとうございました.澁澤栄一よりも澁澤敬三が好きなワタクシとしては「三代目」はとてもキャッチーです. “蟲” 一匹捕捉 —— p. 249:「BORTHERS」→「BROTHERS」.

『路上のポルトレ —— 憶いだす人びと』

森まゆみ
(2020年11月20日刊行,羽鳥書店,東京, 328 + iv pp., 本体価格2,200円, ISBN:978-4-904702-83-3版元ページ

ワタクシは千駄木に棲んでいたころ,本書にも登場する地域雑誌『谷中・根津・千駄木』編集者の山崎範子さんに学位論文の清書を手伝ってもらったことがある.ありがたやありがたや.

『オランダ絵画にみる解剖学:阿蘭陀外科医の源流をたどる』

フランク・イペマ,トーマス・ファン・ヒューリック[森望,セバスティアン・カンプ訳]
(2021年1月7日刊行,東京大学出版会,東京, iv+274 pp., 本体価格5,800円, ISBN:978-4-13-086061-1版元ページ

ずっしり重いフルカラー本.黄金時代のオランダでは解剖絵画はレンブラントの有名な〈ニコラス・テュルプの解剖学講義〉だけではなかった.本書ではこの絵の「前腕解剖箇所」の “謎” について,詳細に議論されているばかりか,前腕を実際に解剖してみてその再現性を実験検証している点で画期的かもしれない.