『古書修復の愉しみ』目次

アニー・トレメル・ウィルコックス[市川恵里訳] (2004年9月10日刊行,白水社,東京, 228 pp., 本体価格2,400円, ISBN:4-560-04787-1)【目次】 謝辞 11 始まりと終わり 13 道具 55 入門 93 世間の注目 137 修行の仕上げ 181 訳者あとがき 223

『オリーヴ讃歌』目次

モート・ローゼンブラム[市川恵理訳] (2001年12月31日刊行,河出書房新社,東京, 460 pp., 本体価格2,800円, ISBN:4-309-26515-4 → 書評)【目次】 謝辞 7 1. オリーヴの世界 11 2. わが「野生オリーヴ園」 37 3. パレスチナとイスラエル 73 4. アンダル…

『反復幻想:進化と発生とゲノムの階層性』詳細目次

倉谷滋 (2022年12月20日刊行,工作舎,東京, 701 pp., 本体価格8,000円, ISBN:978-4-87502-551-1 → 版元ページ)【目次】 はじめに 4第1章 発生反復説 25第2章 反復とは何か 67フォン=ベーアと原型説 85 ボディプランと胚葉説 124第3章 『一般形態学』とヘ…

『反復幻想:進化と発生とゲノムの階層性』目次

倉谷滋 (2022年12月20日刊行,工作舎,東京, 701 pp., 本体価格8,000円, ISBN:978-4-87502-551-1 → 版元ページ)【目次】 はじめに 4 第1章 発生反復説 25 第2章 反復とは何か 67 第3章 『一般形態学』とヘッケルの発生反復説 139 第4章 生物発生原則のその…

『書籍修繕という仕事:刻まれた記憶、思い出、物語の守り手として生きる』目次

ジェヨン[牧野美加訳] (2022年12月25日刊行,原書房,東京, 48 color plates +232 pp., 本体価格2,000円, ISBN:978-4-562-07243-9 → 版元ページ)【目次】 カラー口絵(48 pp.) 1 生き残る本——『’89施行 改正ハングル正書法収録国語大辞典(上下)』 11 …

『野生動物のロードキル』目次

柳川久(監修)/塚田英晴・園田陽一(編) (2023年1月10日刊行,東京大学出版会,東京, viii+327 pp., 本体価格5,500円, ISBN:978-4-13-060246-4 → 版元ページ) つくばでも頻繁にロードキルを見かける. 【目次】 はじめに(柳川久) i 序章 「ロードキル…

『あつまる細胞:体づくりの謎』目次

竹市雅俊 (2023年1月17日刊行,岩波書店[岩波科学ライブラリー・316],東京, x+160+3 pp., 本体価格1,700円, ISBN:978-4-00-029716-5 → 版元ページ)【目次】 はじめに iii 1 細胞はあつまる 1 2 細胞接着現象との出会い 15 3 トリプシン液の不思議 23 4 …

『生物学者のための科学哲学』目次

コスタス・カンプラーキス,トビアス・ウレル (編著) [鈴木大地・森元良太・三中信宏・大久保祐作・吉田善成訳] (2023年2月20日刊行予定,勁草書房,東京, x+363 pp., 本体価格4,500円, ISBN:978-4-326-10319-5 → 版元ページ)【目次】 はじめに[コスタ…

『美味礼讃(下)』目次

ジャン・アンテルム・ブリア・サヴァラン[関根秀雄・戸部松実訳] (1967年9月16日刊行,岩波書店[岩波文庫:赤524-2],東京, 280 pp. ISBN:4-00-325242-X) 【目次】 瞑想 18: 眠りについて 11 瞑想 19: 夢について 14 瞑想 20: 食餌の休息睡眠お予備夢…

『美味礼讃(上)』目次

ジャン・アンテルム・ブリア・サヴァラン[関根秀雄・戸部松実訳] (1967年8月16日刊行,岩波書店[岩波文庫:赤524-1],東京, 285 pp., ISBN:4-00-325241-1) 【目次】 解説 5 読者に告ぐ 21 教授のアフォリスム 22 著者とその友との対話 25 伝記 33 序 3…

『ブリヤ=サヴァラン「美味礼讃」を読む』目次

辻静雄 (2022年12月13日刊行,講談社[講談社学術文庫・2746],東京, 364 pp., 本体価格1,280円, ISBN:978-4-06-529885-5 → 版元ページ)『美味礼讃』の岩波文庫版はもちろんワタクシの書棚にも昔から陳列されてはいる: ジャン・アンテルム・ブリア・サヴ…

『アジア「窓」紀行:上海からエルサレムまで』目次

田熊隆樹 (2022年12月22日刊行,草思社,東京, 335 pp., 本体価格2,200円, ISBN:978-4-7942-2612-9 → 版元ページ)【目次】 はじめに 3 旅のルート 12 01 窓から生える鉄の棒――上海 15 02 「景区」外の家――烏鎮 29 03 地下の都合――張村 45 04 浮いた屋根――…

『親切の人類史:ヒトはいかにして利他の心を獲得したか』目次

マイケル・E・マカロー[的場知之訳] (2022年12月16日刊行,みすず書房,東京, x+377+lxxiv pp., 本体価格4,500円, ISBN:978-4-622-09567-5 → 版元ページ)【目次】 第1章 思いやりの黄金時代 1 第2章 アダム・スミスの小指 15 第3章 進化の重力 43 第4章 …

『唐草抄 増補版:装飾文様生命誌』目次

伊藤俊次 (2022年12月刊行,牛若丸[発行]/Book&Design[発売],東京, 303 pp., 本体価格2,800円, ISBN:978-4-909718-08-2 → 版元ページ)手元にある旧版:伊藤俊次『唐草抄:装飾文様生命誌』(2005年12月15日刊行,牛若丸[発行]/星雲社[発売],東…

『ザ・パターン・シーカー:自閉症がいかに人類の発明を促したか』目次

サイモン・バロン=コーエン[篠田里佐訳/岡本卓・和田秀樹監訳 (2022年11月29日刊行,化学同人,京都, vi+312 pp., 本体価格2,400円, ISBN:978-4-7598-2089-8 → 版元ページ)本書の「パターン・シーカー[パターン探求者]」とは “システム構築者” すなわ…

『森の来訪者たち:北欧のコテージで見つけた生命の輝き』目次

ニーナ・バートン[羽根由訳] (2022年11月3日刊行,草思社,東京, 371 pp., 本体価格2,300円, ISBN:978-4-7942-2611-2 → 版元ページ)松戸の八柱駅前にある〈リコー書店〉でたまたま出会った本.原書はスウェーデン語.最近,北欧の自然系新刊を手にする機…

『イリノイ遠景近景』目次

藤本和子 (2022年9月10日刊行,筑摩書房[ちくま文庫・ふ-54-2],東京, 364 pp., 本体価格900円, ISBN:978-4-480-43842-3 → 版元ページ)原本:藤本和子『イリノイ遠景近景』(1994年11月刊行,新潮社)【目次】平原の暮らし 9トウモロコシのお酒 11 盗み…

『世界の音:楽器の歴史と文化』目次

郡司すみ (2022年11月8日刊行,講談社[講談社学術文庫・2742],東京, 259 pp., 本体価格1,050円, ISBN:978-4-06-530071-8 → 版元ページ)原本:郡司すみ『世界楽器入門:好きな音 嫌いな音』(1989年1月刊行,朝日選書)の文庫化.【目次】 はじめに 11 …

『AIと白人至上主義:人工知能をめぐるイデオロギー』目次

ヤーデン・カッツ[庭田よう子訳/下地ローレンス吉孝解説] (2022年11月30日刊行,左右社,東京, 321+lxxxiii pp., 本体価格4,000円, ISBN:978-4-86528-348-8 → 版元ページ)【目次】 序文 7 はじめに 9第1部 形成第1章 帝国に仕える 32 第2章 資本に仕え…

『環境DNA入門:ただよう遺伝子は何を語るか』目次

源利文 (2022年11月17日刊行,岩波書店[岩波科学ライブラリー・315],東京, vi+111+3 pp., 本体価格1,200円, ISBN:978-4-00-029715-8 → 版元ページ)【目次】 1. DNAはただよう 1 2. 「環境DNA」の発見 9 3. いるかいないか、どれだけいるか 37 4. 川ごと…

『京都の食文化:歴史と風土がはぐくんだ「美味しい街」』目次

佐藤洋一郎 (2022年10月25日刊行,中央公論新社[中公新書・2721],東京, 4 color plates + 246 pp., 本体価格880円, ISBN:978-4-12-102721-4 → 版元ページ)【目次】 はじめに i [地図] x 第1章 京の風土 1 第2章 京都と京都人 59 第3章 公家の流儀、武…

『津田梅子:科学への道、大学の夢』目次

古川安 (2022年1月19日刊行,東京大学出版会,東京, ii+198+12 pp., 本体価格2,800円, ISBN:978-4-13-023078-0 → 版元ページ)【目次】 プロローグ 1第1章 アメリカに渡った少女 9 津田仙と農学 10 少女たちのアメリカ 16 華族女学校の英語教師 25 再留学の…

『人口の経済学:平等の構想と統治をめぐる思想史』目次

野原慎司 (2022年11月8日刊行,講談社[講談社選書メチエ・775],東京, 339 pp., 本体価格2,100円, ISBN:978-4-06-529749-0 → 版元ページ)【目次】 序文 3 第1章 重商主義の時代 人口論の射程の広さとデータ主義の起源 17 第2章 スミスの時代 自由と平等…

『ときは、ながれない:「時間」の分析哲学』目次

八木沢敬 (2022年11月8日刊行,講談社[講談社選書メチエ・774],東京, 197 pp., 本体価格1,600円, ISBN:978-4-06-529218-1 → 版元ページ)【目次】 はじめに 3 第1章 そもそも時間とは? 13 第1節 目に見えない時間は信じない? 14 第2節 ポーランド国旗…

『オールド台湾食卓記:祖母、母、私の行きつけの店』目次

洪愛珠[新井一二三訳] (2022年10月30日刊行,筑摩書房,東京, 16 color plates + 302 pp., 本体価格2,200円, ISBN:978-4-480-83723-3 → 版元ページ)どういうわけだか台湾料理の本がよく近寄ってくる.今の寝読み本:焦桐[川浩二訳]『味の台湾』(2021…

『クジラの海をゆく探究者(ハンター)たち:『白鯨』でひもとく海の自然史 (下)』目次

リチャード・J・キング[坪子理美訳] (2022年10月5日刊行,慶應義塾大学出版会,東京, x +253 + 46 pp., 本体価格3,000円, ISBN:978-4-7664-2837-7 → 版元ページ)『Moby Dick』ならぬ『Moby Duck』本を前に読売新聞で書評したことを思い出す:三中信宏「…

『クジラの海をゆく探究者(ハンター)たち:『白鯨』でひもとく海の自然史 (上)』目次

リチャード・J・キング[坪子理美訳] (2022年10月5日刊行,慶應義塾大学出版会,東京, 8 color plates + x +272 + 31 pp., 本体価格3,000円, ISBN:978-4-7664-2836-0 → 版元ページ)メルヴィル『白鯨』から始まる鯨類学.上下2巻本.【目次】 カラー口絵(…

『異種移植:医療は種の境界を超えられるか』目次

山内一也 (2022年11月1日刊行,みすず書房,東京, vi+215+xx pp., 本体価格3,000円, ISBN:978-4-622-09528-6 → 版元ページ)【目次】 プロローグ ベビー・フェイの二〇日間 1 第1章 同種移植の歴史 11 第2章 異種移植の歴史 37 第3章 臓器不足とその解決策 …

『世界を変えた書物』目次

山本貴光(著)・橋本麻里(編) (2022年10月23日刊行,小学館,東京, 175 pp., 本体価格2,500円, ISBN:978-4-09-682410-8 → 版元ページ)金沢工業大学(KIT)主催の〈世界を変えた書物〉金沢展の公式図録.以前,上野の森美術館で開催されたときはくり返し…

『ネアンデルタール』目次

レベッカ・ウラッグ・サイクス[野中香方子訳] (2022年10月10日刊行,筑摩書房,東京, 604+ix pp., 本体価格3,600円, ISBN:978-4-480-86094-1 → 版元ページ)これは書評本として.600ページもある〜【目次】 個人名に関する覚え書 5 序章 7 第1章 最初の顔…