『ロシア文学の食卓』読了

沼野恭子 (2022年5月10日刊行,筑摩書房[ちくま文庫・ぬ-1-1],東京, 32 color plates + 260 pp., 本体価格950円, ISBN:978-4-480-43732-7 → 目次|版元ページ)第1章「前菜」読了.ロシア人はうまいもんを食い過ぎる./第5章「デザート」へ.ロシアン・…

『読む・打つ・書く』書評拾い(53)

三中信宏 (2021年6月15日第1刷刊行|2021年10月5日第2刷刊行,東京大学出版会[東京大学出版会創立70周年記念出版],東京,xiv+349 pp., 本体価格2,800円(税込価格3,080円), ISBN:978-4-13-063376-5 → コンパニオン・サイト|版元ページ) 読書メーター…

『読む・打つ・書く』書評拾い(52)

三中信宏 (2021年6月15日第1刷刊行|2021年10月5日第2刷刊行,東京大学出版会[東京大学出版会創立70周年記念出版],東京,xiv+349 pp., 本体価格2,800円(税込価格3,080円), ISBN:978-4-13-063376-5 → コンパニオン・サイト|版元ページ) ミシマ社:「…

『ロック・ファミリー・ツリー』読中録(1)

ピート・フレイム[新井崇嗣・瀬川憲一訳] (2022年8月1日刊行,みすず書房,東京, 385 pp., 本体価格15,000円, ISBN:978-4-622-07802-9 → 目次|版元ページ) [蒐書日誌]ひとつの原稿にケリをつけると,ひとつのシアワセがやってくる —— ピート・フレイ…

『キリンの首』感想

ユーディット・シャランスキー[細井直子訳] (2022年7月30日刊行,河出書房新社,東京, 239 pp., 本体価格2,700円, ISBN:978-4-309-20859-6 → 目次|版元ページ)読了&書評完了.本書は教養小説(Bildungsroman)と銘打たれているが,けっこうひねりがは…

『読書とは何か —— 知を捕らえる15の技術』一期一会の読書術(31)

三中信宏 (2022年1月30日刊行予定,河出書房新社[河出新書・046],東京, 292 pp., 本体価格880円, ISBN:978-4-309-63147-9 → コンパニオンサイト|目次|版元ページ) ブクログ:ぶっかさんの感想・レビュー(2022年8月28日) booklog.jp

『進化論の進化史:アリストテレスからDNAまで』書評

ジョン・グリビン,メアリー・グリビン[水谷淳訳] (2022年6月15日刊行,早川書房,東京, 312 pp., 本体価格2,800円, ISBN:978-4-15-210141-9 → 目次|版元ページ)ワタクシの書評記事「進化思考の生成流転の系譜」はまもなく発売の日経サイエンス2022年10…

『文にあたる』感想

牟田都子 (2022年8月30日刊行,亜紀書房,東京, 255 pp., 本体価格1,600円, ISBN:978-4-7505-1754-4 → 目次|版元ページ)読了.著者が経験してきた校正逸話がおもしろい.ゲラを手にしたプロの “校正者” のきびしい世界は,ワタクシのようなアマチュアの “…

『読書とは何か —— 知を捕らえる15の技術』一期一会の読書術(30)

三中信宏 (2022年1月30日刊行予定,河出書房新社[河出新書・046],東京, 292 pp., 本体価格880円, ISBN:978-4-309-63147-9 → コンパニオンサイト|目次|版元ページ) ブクログ:らいこさんの感想・レビュー(2022年8月3日) https://booklog.jp/users/53…

『読書とは何か —— 知を捕らえる15の技術』一期一会の読書術(29)

三中信宏 (2022年1月30日刊行予定,河出書房新社[河出新書・046],東京, 292 pp., 本体価格880円, ISBN:978-4-309-63147-9 → コンパニオンサイト|目次|版元ページ) 読書メーター:shoさんの感想・レビュー(2022年7月31日) https://bookmeter.com/rev…

『読書とは何か —— 知を捕らえる15の技術』一期一会の読書術(27)

三中信宏 (2022年1月30日刊行予定,河出書房新社[河出新書・046],東京, 292 pp., 本体価格880円, ISBN:978-4-309-63147-9 → コンパニオンサイト|目次|版元ページ) 読書メーター:すぴのさんの感想・レビュー(2022年7月31日) https://bookmeter.com/…

『[図説]台湾の妖怪伝説』読了

何敬堯[甄易言訳] (2022年6月26日刊行,原書房,東京, 333 pp., 本体価格3,200円, ISBN:978-4-562-07184-5 → 目次|版元ページ)台湾の妖怪といえば,かつて水木しげるが出した横長の図鑑:水木しげる『水木しげるの世界妖怪事典』(1985年7月刊行,東京…

『熱海温泉誌〔市制施行八〇周年記念〕』読了

熱海温泉誌作成実行委員会(編) (2017年4月10日刊行,熱海市/出版文化社,東京, 383 pp., 本体価格3,000円, ISBN:978-4-88338-614-7 → 目次|熱海市ページ)大判4段組400ページを読み通すのはかなりの力仕事だった.熱海温泉はもちろん知っていたが,滞在…

『読書とは何か —— 知を捕らえる15の技術』一期一会の読書術(26)

三中信宏 (2022年1月30日刊行予定,河出書房新社[河出新書・046],東京, 292 pp., 本体価格880円, ISBN:978-4-309-63147-9 → コンパニオンサイト|目次|版元ページ) 河出書房新社「読者の声」(2022年7月25日) https://www.kawade.co.jp/np/voice_list…

『What is Tanuki?』感想

佐伯緑 (2022年7月5日刊行,東京大学出版会,東京, vi+147+30 pp., 本体価格3,300円, ISBN:978-4-13-063379-6 → 版元ページ)立川に来る前日に着便したのでさっそく車中読了.極真流空手の使い手である “緑のたぬき” なるヒト=タヌキが “たぬき愛” 全開でタ…

『読む・打つ・書く』書評拾い(51)

三中信宏 (2021年6月15日第1刷刊行|2021年10月5日第2刷刊行,東京大学出版会[東京大学出版会創立70周年記念出版],東京,xiv+349 pp., 本体価格2,800円(税込価格3,080円), ISBN:978-4-13-063376-5 → コンパニオン・サイト|版元ページ) @suoh_0503 ツ…

『北海道廃線紀行:草原の記憶をたどって』感想

芦原伸 (2022年5月15日刊行,筑摩書房[筑摩選書・0230],東京, 286+x pp., 本体価格1,700円, ISBN:978-4-480-01748-2 → 版元ページ)カバージャケットを見ただけでは筑摩選書の一冊とはわからない.北海道の廃線探訪本といえば十年前に読んだ:工藤裕之『…

『ルネサンス:情報革命の時代』書評

桑木野幸司 (2022年5月10日刊行,筑摩書房[ちくま新書・1655],東京, 349 pp., 本体価格1,000円, ISBN:978-4-480-07474-4 → 目次|版元ページ)これまでの読書メモをまとめて束ねました. 【書評】※Copyright 2022 by MINAKA Nobuhiro. All rights reserv…

『読書とは何か —— 知を捕らえる15の技術』一期一会の読書術(25)

三中信宏 (2022年1月30日刊行予定,河出書房新社[河出新書・046],東京, 292 pp., 本体価格880円, ISBN:978-4-309-63147-9 → コンパニオンサイト|目次|版元ページ) 一条真也の新ハートフル・ブログ「『読書とは何か』」(2022年5月30日) https://shin…

『読む・打つ・書く』書評拾い(50)

三中信宏 (2021年6月15日第1刷刊行|2021年10月5日第2刷刊行,東京大学出版会[東京大学出版会創立70周年記念出版],東京,xiv+349 pp., 本体価格2,800円(税込価格3,080円), ISBN:978-4-13-063376-5 → コンパニオン・サイト|版元ページ) @freakscafe …

『系統樹思考の世界:すべてはツリーとともに』反響(続52)

三中信宏 (2006年7月20日第1刷刊行|2006年8月4日第2刷刊行|2009年12月18日第3刷刊行|2010年5月10日第4刷刊行|2011年10月7日第5刷刊行|2013年6月28日電子本刊行|2015年4月14日第6刷刊行|2018年4月17日第7刷刊行|2021年8月31日第8刷刊行,講談社[現…

『分類思考の世界:なぜヒトは万物を「種」に分けるのか』残響(85)

三中信宏 (2009年9月20日第1刷刊行/2009年10月8日第2刷刊行/2009年12月3日第3刷刊行/2013年7月26日電子本刊行/2015年5月8日第4刷刊行/2018年1月19日第5刷刊行/2021年11月8日第6刷刊行,講談社[現代新書2014],本体価格900円(税込価格990円),328 …

『分類思考の世界:なぜヒトは万物を「種」に分けるのか』残響(84)

三中信宏 (2009年9月20日第1刷刊行/2009年10月8日第2刷刊行/2009年12月3日第3刷刊行/2013年7月26日電子本刊行/2015年5月8日第4刷刊行/2018年1月19日第5刷刊行/2021年11月8日第6刷刊行,講談社[現代新書2014],本体価格900円(税込価格990円),328 …

『読書とは何か —— 知を捕らえる15の技術』一期一会の読書術(24)

三中信宏 (2022年1月30日刊行予定,河出書房新社[河出新書・046],東京, 292 pp., 本体価格880円, ISBN:978-4-309-63147-9 → コンパニオンサイト|目次|版元ページ) 榎戸誠の情熱的読書のすすめ「読者は狩猟者だ・・・【情熱的読書人間のないしょ話(2569…

『読書とは何か —— 知を捕らえる15の技術』一期一会の読書術(23)

三中信宏 (2022年1月30日刊行予定,河出書房新社[河出新書・046],東京, 292 pp., 本体価格880円, ISBN:978-4-309-63147-9 → コンパニオンサイト|目次|版元ページ) ちりつもFILE (β「【雑記】本を読んだら考える〔2〕本の読み方について」(2022年5月1…

『Index, A History of the: A Bookish Adventure』書評

Dennis Duncan (2021年9月刊行,Allen Lane / Penguin Books, London, xii+340 pp., ISBN:978-0-241-37423-8 [hbk] → 目次|版元ページ)これまでの読書メモをまとめて束ねました. 【書評】※Copyright 2022 by MINAKA Nobuhiro. All rights reserved索引は…

『読書とは何か —— 知を捕らえる15の技術』一期一会の読書術(22)

三中信宏 (2022年1月30日刊行予定,河出書房新社[河出新書・046],東京, 292 pp., 本体価格880円, ISBN:978-4-309-63147-9 → コンパニオンサイト|目次|版元ページ) 本が好き!:古本虫がさまよう「「読書とは何か」は永遠のテーマですかな?」(2022年4…

『読む・打つ・書く』書評拾い(49)

三中信宏 (2021年6月15日第1刷刊行|2021年10月5日第2刷刊行,東京大学出版会[東京大学出版会創立70周年記念出版],東京,xiv+349 pp., 本体価格2,800円(税込価格3,080円), ISBN:978-4-13-063376-5 → コンパニオン・サイト|版元ページ) @mash_2011 ツ…

『読む・打つ・書く』書評拾い(48)

三中信宏 (2021年6月15日第1刷刊行|2021年10月5日第2刷刊行,東京大学出版会[東京大学出版会創立70周年記念出版],東京,xiv+349 pp., 本体価格2,800円(税込価格3,080円), ISBN:978-4-13-063376-5 → コンパニオン・サイト|版元ページ) アマゾンカス…

『読書とは何か —— 知を捕らえる15の技術』一期一会の読書術(21)

三中信宏 (2022年1月30日刊行予定,河出書房新社[河出新書・046],東京, 292 pp., 本体価格880円, ISBN:978-4-309-63147-9 → コンパニオンサイト|目次|版元ページ) @shkame ツイート(2022年4月28日) https://twitter.com/shkame/status/151941518115…