『Parvum Lexicon Stemmatologicum』

https://wiki.helsinki.fi/display/stemmatology 写本の本文批判(textual criticism)に関わる系統推定論の項目が入っているみたいね.

『月刊みすず(63巻1号[no. 700]2021年1-2月合併号)』+次点5冊

(2021年2月1日発行,みすず書房,東京,本体価格300円 → 版元ページ)この「2020年読書アンケート特集号」があれば,しばらくの間は “活字飢餓” に陥らなくてすむ.ワタクシがセレクトした5冊は(pp. 77-78)は下記の通り.次点5冊と合わせてリストアップす…

『上方落語ノート・第四集』

桂米朝 (2020年7月14日刊行,岩波書店[岩波現代文庫・文芸322],東京, xvi+301 pp., 本体価格1,180円, ISBN:978-4-00-602322-5 → 版元ページ)

『上方落語ノート・第三集』

桂米朝 (2020年6月16日刊行,岩波書店[岩波現代文庫・文芸321],東京, xviii+271 pp., 本体価格1,120円, ISBN:978-4-00-602321-8 → 版元ページ)

『上方落語ノート・第二集』

桂米朝 (2020年4月16日刊行,岩波書店[岩波現代文庫・文芸320],東京, xviii+319 pp., 本体価格1,240円, ISBN:978-4-00-602320-1 → 版元ページ)

『上方落語ノート・第一集』

桂米朝 (2020年3月13日刊行,岩波書店[岩波現代文庫・文芸319],東京, xvi+283 pp., 本体価格1,120円, ISBN:978-4-00-602319-5 → 版元ページ)

『科学技術社会論の挑戦2:科学技術と社会 —— 具体的課題群』

藤垣裕子(責任編集) (2020年7月27日刊行,東京大学出版会,東京, xvi+248 pp., 本体価格3,500円, ISBN:978-4-13-064312-2 → 版元ページ)

『科学技術社会論の挑戦1:科学技術社会論とは何か』

藤垣裕子(責任編集) (2020年4月17日刊行,東京大学出版会,東京, xii+199 pp., 本体価格3,200円, ISBN:978-4-13-064311-5 → 版元ページ)

『美麗島紀行』

乃南アサ (2015年11月30日刊行,集英社,東京, 262 pp., 本体価格1,700円, ISBN:978-4-08-781583-2 → 版元ページ)

『九州の稀少植物探訪 I:草本(早春~晩夏)編』

大工園認 (2020年9月25日刊行,南方新社,鹿児島, vi, 1-276, 8 pp., 本体価格3,800円, ISBN:978-4-86124-426-1 → 版元ページ)

『食はイスタンブルにあり:君府名物考』

鈴木董 (2020年9月9日刊行,講談社[講談社学術文庫・2628],東京, 252 pp., 本体価格1,000円, ISBN:978-4-06-520836-6 → 版元ページ)

『近代測量史への旅:ゲーテ時代の自然景観図から明治日本の三角測量まで』

石原あえか (2015年9月25日刊行,法政大学出版局,東京, 9 color plates + viii + 259 + 75 pp., 本体価格3,800円, ISBN:978-4-588-37123-3 → 版元ページ)

『ZOOLOGY 図鑑 動物の世界』

スミソニアン協会・ロンドン自然史博物館(監修)[遠藤秀紀(日本語版監修)] (2020年7月1日刊行,東京書籍,東京, 415 pp., 本体価格5,800円, ISBN:978-4-487-81258-5 → 版元ページ)今年は図鑑が豊作と見た.

『日本の小さな本屋さん』

和氣正幸 (2018年7月23日刊行,エクスナレッジ,東京, 159 pp., 本体価格1,800円, ISBN: 978-4-7678-2483-3 → 版元ページ)

『Computational Phylogenetics: An Introduction to Designing Methods for Phylogeny Estimation』

Tandy Warnow (2018年刊行, Cambridge University Press, Cambridge, xviii+379 pp., ISBN:978-1-107-18471-8 [hbk] → 版元ページ)こういう知識は常時アップデートしておかないと.

『あおくん と きいろちゃん』

レオ・レオーニ[藤田圭雄訳] (1967年刊行,至光社,東京, 本体価格1,200円, ISBN:978-4-7834-0000-4 → 版元ページ)

『平行植物[新装版]』

レオ・レオーニ[宮本淳訳] (1980年1月1日刊行/2020年6月10日新装版第4刷,工作舎,東京, 42+299 pp., 本体価格2,200円, ISBN:978-4-87502-435-4 → 版元ページ)

『The Correspondence of Charles Darwin, Volume 27: 1879』

Frederick Burkhardt et al. (ed.) (2019年12月刊行,Cambridge University Press[Series: The Correspondence of Charles Darwin], Cambridge,xlvi+852 pp.,ISBN:978-1-108-49375-8 [hbk] → 版元ページ|Darwin Correspondence Project)このダーウィ…

『Darwin Comes to Town: How the Urban Jungle Drives Evolution』

Menno Schilthuizen (2018年刊行, Quercus, London, vi+344 pp., ISBN:978-1-78648-110-8 [hbk] → 版元ページ)メノ・スヒルトハウゼン[岸由二・小宮繁訳]『都市で進化する生物たち: “ダーウィン” が街にやってくる』(2020年8月18日刊行,草思社,東京,…

『専門知は、もういらないのか:無知礼賛と民主主義』

トム・ニコルズ[高里ひろ訳] (2019年7月10日刊行,みすず書房,東京, iv+284+xvi pp., 本体価格3,400円, ISBN:978-4-622-08816-5 → 版元ページ)

『香川県立ミュージアム ミュージアム調査研究報告 第11号』

香川県立ミュージアム(編) (2020年3月31日発行,香川県立ミュージアム,高松, 120 pp. + CD-ROM → 版元ページ)昨年開催された特別展〈自然に挑む:江戸の超(スーパー)グラフィック—高松松平家博物図譜〉に関連する調査報告:鹿間里奈「衆鱗図と衆鱗手…

『The Slippery Art of Book Reviewing』

Mayra Calvani and Anne K. Edwards (2008年刊行,Twilight Times Books, Kingsport, Tennesee, 190 pp., ISBN:978-1-933353-22-7 [pbk] → 版元ページ)「書評を書く」というテーマに特化したこういう本はほとんど見当たらない.とくに Part One: The Art o…

『科学の女性差別とたたかう:脳科学から人類の進化史まで』

アンジェラ・サイニー[東郷えりか訳] (2019年5月10日刊行,作品社,東京, 194+xxxii pp., 本体価格2,400円, ISBN:978-4-86182-749-5 → 版元ページ)今年出た:アンジェラ・サイニー[東郷えりか訳]『科学の人種主義とたたかう:人種概念の起源から最新の…

『哲学と宗教全史』

出口治明 (2019年8月7日刊行,ダイヤモンド社,東京, 465 pp. + 2 tables, 本体価格2,400円, ISBN:978-4-478-10187-2 → 版元ページ)

『The Design of Experiments』オンライン

Ronald A. Fisher (1935年刊行, Oliver and Boyd, Edinburgh and London, xii+252 pp. → archive.org)Ronald A. Fisher『Statistical Methods for Research Workers, Fifth Edition』 (1925年初版刊行/1934年第5版刊行, Oliver and Boyd, Edinburgh and …

『流行性感冒:「スペイン風邪」大流行の記録』オープンアクセス

内務省衛生局編 (2008年9月10日刊行,平凡社[東洋文庫・778],東京, 454 pp., ISBN:978-4-582-80778-3 → 版元ページ)太っ腹なことに,2020年4月30日までの期限付きでpdf版がオープンアクセスになり本書をダウンロードできる.さっそく宣伝しないと.長ら…

『酒場の京都学』

加藤政洋 (2020年1月30日刊行,ミネルヴァ書房,京都, xiv+232+ii pp., 本体価格2,500円, ISBN:978-4-623-08802-7 → 版元ページ)大評原稿を大手町にメール送信.読書委員会で3月29日(日)紙面掲載予定となった.本書は根性?の入った新聞書評がすでにいく…

『家庭の低温調理:完璧な食事のためのモダンなテクニックと肉、魚、野菜、デザートのレシピ99』

Lisa Q. Fetterman, Meesha Halm, and Scott Peabody[水原文訳] (2018年11月2日刊行,オライリー・ジャパン[Make: Japan Books],東京, 290 pp., 本体価格3,200円, ISBN:978-4-87311-862-8 → 版元ページ)

『Cooking for Geeks:料理の科学と実践レシピ[第2版]』

Jeff Potter[水原文訳] (2016年12月16日刊行,オライリー・ジャパン[Make: Japan Books],東京, xii + 490 pp., 本体価格3,400円, ISBN:978-4-87311-787-4 → 版元ページ)

『発酵の技法:世界の発酵食品と発酵文化の探求』

Sandor Ellix Katz[水原文訳] (2016年4月26日刊行,オライリー・ジャパン[Make: Japan Books],東京, xxiv + 16 color plates + 483 pp., 本体価格3,600円, ISBN:978-4-87311-763-8 → 版元ページ)