『ユリイカ2020年2月号:特集=書体の世界 ― 書・活字・フォント』目次

(2020年2月1日刊行,青土社ユリイカ 52巻2号],東京, 本体価格1,600円, ISBN:978-4-7917-0381-4版元ページ

ワタクシの寄稿:三中信宏「字体と書体と字形の系統樹:進化する文字世界を鳥瞰する」(pp. 156-164)


【〈特集=書体の世界 ― 書・活字・フォント〉目次】

❖インタビュー

書体談話 府川充男[聞き手=大熊肇] 40

❖書体設計者の営為

使いたくなる書体は誰が創ってくれるのだろう 味岡伸太郎 46
活字書体設計としての復刻、翻刻、そして新刻 今田欣一 51

❖書体史再考

明朝体活字の誕生と東遷 小宮山博史 57
活字文献学考 鈴木広光 66
近代日本語活字・書体史研究上の話題 内田明 ※注釈リンク集 74

❖写研の時代

「ナール」「ゴナ」あるいは大衆文化の中の文字――書体デザイナー 中村征宏と、元・写研(社長室企画宣伝部長)杏橋達磨に聞く 阿部卓也 86

❖誰がための書体――あるいは政治と信仰をめぐって

「UDフォント」の開発にあたって 高田裕美 108
書体・字体事件簿 松田行正 113
書体論のためのランダムノート――規範と自由、彫琢と装飾 古賀弘幸 122
妙好としての書体――柳宗悦真宗仮名 扉野良人 133

❖対談

文字のないタイポグラフィに向かって――未来を広げるためのデザイン 木緒なち・有馬トモユキ 141

❖アルファベットの遠近法

インターネットっぽさの所作 ばるぼら 152
字体と書体と字形の系統樹――進化する文字世界を鳥瞰する 三中信宏 156
「ネオ・グロット」とスイス・スタイルの受容――一九六〇年代日本におけるモダン・タイポグラフィの展開 山本政幸 165
欧文書体とそれ以外 大曲都市 178
書体の透明性 古賀稔章 186

❖アンケート

書体をめぐる三つの質問――趣味と実用と探求のアンケート 

有馬トモユキ,今垣知沙子,大倉真一郎,奥定泰之,小沼宏之,葛西薫カニエ・ナハ,川名潤,北岡誠吾,コバヤシタケシ ,坂野公一,佐藤亜沙美,重実生哉,白井敬尚,鈴木哲生,大日本タイポ組合高山羽根子,藤田重信,水戸部功,宗利淳一,山田和寛,山本浩貴+h,結崎剛 ,六月

❖Typogra-fiction

書体とその引用 フィクショナガシン 215
汎詩論、銀杏、ナイフ、苦役 尾中俊介 221
書体は人になにをもたらすか――文体論のためのメモランダム 山本貴光 230

❖書体の容器

模倣と創造――『ユリイカ』本文書体の変遷 正木香子 239
タイポグラファとしての小村雪岱 真田幸治 246
タイプフェイスと盆栽――自然と人工の往復運動 大山エンリコイサム 255
かたちとしるしの水際で――羽良多平吉のフォントロジー 澤直哉 264
装丁表現が書体表現にすり替わらないために 長田年伸 272